マイクロプラスチックフリーの歯磨き粉でゼロウェイストな生活!

スポンサーリンク
サステイナブル

歯磨き粉はどんなものを使っていますか?

特に気にせず選んできた人も、多いのではないでしょうか。

しかし多くの市販の歯磨き粉が、環境を破壊の一因となってしまっていることをご存じでしょうか。

多くの市販品には添加物がぎっしり

人工甘味料や界面活性剤などの添加物は、私たちの健康にも悪影響と考えられており、できるだけ避けたいですよね。

歯磨き粉って特に気にせず使ってきたけど、市販のものの多くはとっても不自然な原料でできている。

毎日使うものだからこそ、口に入れるものだからこそ、気をつけたいですよね。

歯磨き後に水で流していたとしても、多少は歯磨き粉が口の中に残ってしまいます。
数年前まで、市販の歯磨き粉には目に見えない小さなプラスチックが入っていて、知らずに使っていたころは、それを体内に入れてしまっていたんですね。恐ろしいです。

人間は大量のマイクロプラスチックを海に放出してきた

多くの市販の歯磨き粉には、「マイクロプラスチック(マイクロビーズ)」と呼ばれるプラスチックが含まれていたのをご存知ですか?

その大きさ、わずか数ミクロン~数百ミクロン。

海に流れてしまうと、それを回収するのは困難。今の技術ではほぼ不可能といってもいいでしょう。

毎日膨大な量の目に見えないプラスチックが家庭から海に流されており、それによる生態系の破壊は、日に日に深刻になっていっています。

海に流された無数のプラスチックが、数えきれないほどの海洋生物を傷つけ、その命を奪っています。

人間には関係ないように見えますが、

マイクロプラスチックを海洋生物が食べる → その魚を人間が食べる

つまり、人間も目に見えないプラスチックを食べていることになります。

イギリス、アメリカ、カナダ、一部のヨーロッパ諸国などの先進国では、このマイクロビーズが入っている歯磨き粉の販売を禁止しています。

日本でも、2018年に廃止となったようですが、一部の化粧品にはいまだにプラスチックが含まれています。

それと同時に、生分解性マイクロビーズの開発も進められています。

マイクロビーズが入っている場合は、ポリエチレンやポリプロピレンなどと記載があるので、買う前にチェック。

パッケージのプラスチック

もちろん、私たちが今避けたいのは、歯磨き粉パッケージのプラスチック

できるだけプラスチックの少ないパッケージのものを使いたいですよね。

私はココナッツオイルと重曹をベースとした、プラスチックフリーの歯磨き粉を使っています。

ビンに入っているので、ゴミも出ません。
使い終わったら、この瓶に手作りの歯磨き粉を入れようと思っています。

歯磨き粉 プラスチックフリー エコ プラなし 重曹 環境 マイクロプラスチック マイクロビーズ

まとめ

自分にできることから環境に配慮した生活を心がけることで、なんだか満たされた気持ちになりませんか?

ぜひ皆さんも、エコフレンドリーな歯磨き粉を探してみてくださいね!

日本で買うならEcostoreがおすすめです!瓶ではありませんが、環境に配慮した成分で作られています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました