豆腐とターメリック(ウコン)のスクランブルエッグでタコスを作ろう!

スポンサーリンク
卵なしスクランブルエッグ 豆腐スクランブルエッグ タコス ヴィーガン菜食

スクランブルエッグは、私がヴィーガンになる前に大好きだったメニューの一つ。

しかし、卵を使わなくてもスクランブルエッグを作ることができるのをご存じですか?

個人的には、卵のスクランブルエッグよりも、豆腐のスクランブルエッグの方がさっぱりしていて好きです。

そんな卵なしスクランブルエッグについてご紹介します!

卵なしスクランブルエッグのメリット

触感は卵とほぼ同じ。言われなければ分からないレベルです。

味は若干豆腐の上品な味を感じるので、卵と全く同じ味とは言えないです。

しかし、さっぱり系のものが好きなら、ハマること間違いなし!

上質な植物性たんぱく質が豊富に含まれている豆腐。たんぱく質の量は肉とほとんど変わりません。

なによりカロリーが低く、女性に嬉しいイソフラボンが入っています。コレステロール値を気にせず食べられるのも魅力。

そして、抗炎症作用が強いターメリックを入れることで、あらゆる病気を予防する効果が期待できるほか、アンチエイジングにも。

ターメリックは自然由来の抗生物質とも呼ばれますよね。

「二日酔いには卵料理」と言われることがありますが、ターメリック(ウコン)を入れるこのレシピなら、卵の何倍もの効果があること間違いなしです!

なぜ卵を避けるのか

卵が高カロリーで高コレステロールなのは言うまでもありません。

最初私は、卵は動物を苦しめていないからいいのではと思っていました。

しかし実際は、卵を安価で大量生産するために、多くの鶏たちがせまくて汚い部屋に一生閉じ込められ、一生妊娠させられ続ける。それも休憩なしで。

重い生理痛や陣痛を知っている人には、その苦しみが分かることでしょう。

もちろん、病気にかかっても治療などしてもらえません。

豆腐スクランブルエッグなら100%植物性で、動物たちの犠牲を最小限に抑えることができ、クルエルティーフリーです。

【ヴィーガンとは】なぜヴィーガンなのか。私が動物性のものをやめた理由とその驚きの効果! - トトポとメキシコ生活
この記事には、ヴィーガニズムに関する筆者の知識をありったけ積み込んでいます。 少しでも多くの人に伝わり、知識としていただけると幸いです。 目次 私が動物性のものをやめた理由ヴィーガンとは?なぜ乳製品や卵もだめなの?なぜ革

卵なしスクランブルエッグの作り方

豆腐スクランブルエッグの作り方はとっても簡単!

材料

・豆腐(できるだけ硬めのものがおすすめ)
・ターメリックパウダー(=ウコン)
・塩
・こしょう

お好みで
・ガーリックパウダー
・ニュートリショナルイースト

作り方

1.豆腐を潰してばらばらに崩します。

2.フライパンに油を入れて温めます。

3.先ほどくずした豆腐を入れ、弱火で焼きます。

火を通す必要がないので、あたためるだけでOK。
4.塩、こしょう、ターメリックパウダーを入れて混ぜます。お好みでガーリックパウダーやニュートリショナルイーストを入れてもおいしいです。
卵なしスクランブルエッグ 豆腐スクランブルエッグ タコス ヴィーガン

今回私はタコスにしたので、トルティーヤ、玉ねぎとトマトのみじん切りを添えて完成。使っているのは青色のトルティーヤです。

卵なしスクランブルエッグ 豆腐スクランブルエッグ タコス ヴィーガン

卵なしスクランブルエッグ 豆腐スクランブルエッグ タコス ヴィーガン

まとめ

いかがでしたか?

豆腐を使ったスクランブルエッグは、火を通す必要がないので時間短縮になりますし、フライパンにくっつかないので洗い物もとっても楽です!

筆者おすすめのターメリックはこちら。瓶タイプが使いやすいです。↓

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました