メキシコの野良犬事情。現地で犬を飼う前に絶対に読んでほしい実情。

スポンサーリンク
メキシコ 野良犬 保護犬 犬を飼う 犬保護犬

メキシコシティ以外に行ったことがある方は、野良犬の多さに驚いたと思います。
どこへ行っても数えきれない数の野良犬がいますよね。

今回は、そんなメキシコの野良犬について書きたいと思います。

メキシコで犬を飼うことを検討している人にも、是非読んでいただきたいです。

野良犬が増え続けるラテンアメリカ

メキシコだけでなく、ラテンアメリカ全体で野良犬の数は毎日増え続けています。

野良犬を保護して育てるシェルターも多数ありますが、空きのあるところはほとんどなく、飽和状態。

路上での生活は厳しく、車にぶつかってケガをしたり、死んでしまう犬がたくさんいます。

病気になっても、世話をしていくれる人がいないとそのまま死んでしまいますし、若くして何度も妊娠し弱ってしまう犬もたくさんいます。

子供を守ろうとして、人間に近づかせないお母さん犬もたくさんいます。でも、路上で生き延びることは簡単ではありません。

原因

主な原因は、飼い主が世話できなくなった犬が放浪し、どんどん子供を作ってしまうこと。

中には、逃げたり迷子になってしまった犬もいます。

メキシコでは犬を飼うのに日本ほどお金がかからず、無責任に大量に犬を飼う人もたくさんいます。それで世話ができなくなって捨てる人もたくさんいます。

食べ物

多くの場合、餌をくれる人の家の周辺に住み着きます。

そうでない場合、タコスの屋台やレストラン、肉屋などの周辺で待機し、人間が食べ物を分けてくれるのを待ちます。
彼らはいつもお腹を空かせています。食べ物にありつけない日もあるでしょう。
もし逆に毎日食べ物をくれる人がいるなら、飼い犬よりも幸せかもしれませんね。

増えすぎた野良犬のための対策

去勢で望まぬ妊娠を防ぐ

メキシコでは野良犬の数が増えすぎたため、野良犬の去勢・避妊手術を推奨しています。

ボランティアや近隣の住民がお金を出して、野良犬の去勢をしてもらうことが多々あります。誰も飼えない場合は、そのまま道に返します。

去勢・避妊手術にかかる値段は日本に比べてとても安く、手軽にできてしまいます。メキシコ州では100~500ペソくらいが相場のようです。

去勢・避妊手術することによりそわそわすることがなくなり落ち着きが出るため、犬にとっても最善と考えられています。

もちろん、これ以上野良犬の数が増えるのを防ぐのが、一番の目的です。

去勢・避妊手術については様々な意見がありますが、最近は野良犬であればした方がいいかも、と思うようになりました。

私の家の近所には子供を産んだばかりの野良犬がいるのですが、彼女はまだ1歳。子供を守るために車にぶつかり、足が折れてしまいました。まだ1歳なのにほとんど動くことができず、餌にありつくのも一苦労。初めて出会ったときはガリガリにやせ細っていました。
妊娠していなかったら、今頃元気に遊びまわっているころでしょうか。

ペットショップへ行く前に//SÉ FAMILIA DE UN PERRO CALLEJERO

保護シェルターの存在

ラテンアメリカの多くの国で、野良犬を保護して世話をしている団体があります。

ほとんどの団体が資金集めに大変苦戦しており、世話ができなくなって閉めてしまうところも多い。

今回は、メキシコ州メテペックの保護施設に行ってみました。
「Lea y Maya」という犬専用の保護施設。
創立者はメキシコシティ出身のセルヒオ。犬を愛する人たちが、ほぼ無給で彼の仕事を手伝っています。

中に入ると、元気いっぱいの犬たちがお出迎えしてくれました。

彼の仕事について聞いてみたところ、

「金銭的にも厳しく、すべての野良犬を助けることは不可能。でも一匹助けただけでも、その子の人生にチャンスを与えていることになる。できる範囲で一匹でも多くの犬に、住む家を見つけてあげたい」とのこと。

ここでは保護犬を飼い犬にする教育を行っており、飼い主が見つかれば「寄付」という形で支援金を受け取る。それだけが彼らの収入源。

ペットフレンドリーなメテペックのショッピングセンター(Town Square)の中でも、犬を連れてきて交流会を開いています。それが私と彼らとの出会い。

マーケティングにも力を入れており、インスタグラムに保護犬の写真を載せています。
@leaymaya

ペットショップでは人気の犬種が大量増殖されますが、このような団体が頑張ってくれることにより、有り余っている野良犬が一匹でも多く、住む家を見つけられるといいですね。

まとめ

いかがでしたか?

メキシコの野良犬は一般的におとなしく、かわいらしい子ばかりです。

住む家をさがしている犬が数えきれないほどいるので、

メキシコで犬を飼うことを検討している場合は、近くの保護施設に連絡してみることをおすすめします。

メキシコシティやメキシコ州周辺に住んでいる人であれば、「Lea y Maya」を含め複数の団体の連絡先を知っているので、ブログトップページの「CONTACT」からご連絡ください。

寄付も受け付けています。

CONTACT
元野良犬の保護犬を迎えました// ADOPTAMOS UNA PERRITA DE LA CALLE! //

コメント

タイトルとURLをコピーしました