エコな作り置き冷凍保存!ゼロウェイストで環境を守ろう!

スポンサーリンク
サステイナブル

皆さんは、野菜の冷凍保存に何を使ってますか?

ラップ?ジップロック?タッパー?

いろいろあると思いますが、私が使っているのは主に、タッパーと氷の型

今回は氷の型を冷凍保存に使うメリットとやり方をご紹介します。

氷の型を冷凍保存に使うメリット

まずは氷の型を使うメリットをご紹介します。

毎日の料理にポンっと入れるだけ

週末に好きな野菜を茹でておいて、氷の型に入れておくと、平日とっても楽なんです。

例えばほうれん草をタッパーに入れて保存すると、一つの氷の塊ができてしまいますよね。

それを一度レンジで解凍させて、使いたい分だけ使ったらまた凍らせる。

これって、効率が悪いと思いませんか?

氷の型に入れておけば、使いたい分だけ簡単に解凍させて使えるので、電子レンジにかかる電気代と時間まで節約できてしまいます。

ゴミが出ない

ラップやジップロックを冷凍保存に使うと、どうしてもプラスチックのゴミが出てしまいますよね。

プラスチックは土に還らずほぼ永久的に地球上に残るものなので、とても環境に悪いです。

さらに、ゴミが少しずつでも減ると、ゴミを出しに行く手間も省けます。

量が一目でわかる

氷の型で冷凍保存すれば量が一目でわかるので、はかったりする必要がなくなります。

月曜日のご飯は二人分、火曜日は三人分など、変化があっても柔軟に対応できます。

毎日同じ量を使うことができるのも魅力。

場所を取らない

氷の型は、一度凍ってしまえば、冷蔵庫に横向きでも縦向きでも入れられます。

週末に作り置きを大量にする人には、冷凍庫のスペースを節約するのにおすすめです

簡単に洗えるので清潔

ジップロックで冷凍保存をすると、洗うのが少し面倒ですよね。乾きにくくて、雑菌がたまりがちです。

氷の型なら食器と一緒に洗えるので、とっても簡単。

ボトルを洗う用の長い棒がついたスポンジを使うと洗いやすいです。

半永久的に使えるので経済的

ラップは一回使ったら終わり、ジップロックは3回程で替えますよね。

タッパーもふたの部分が壊れやすく、なんだかんだ定期的に買い替えます。

氷の型が壊れることはめったにないので経済的です。

氷の型での冷凍保存のし方

まずは保存したい野菜を軽く茹でて、型に流し込んで冷凍させるだけ。

スープの場合はそのまま流し込みます。

使いたいときに、型を軽くひねって必要な量を取り出します。

冷凍保存におすすめなもの

私がよくこの方法を使うのは、

・ほうれん草
・スープ
・豆類
・キノコ
・コーン

など。我が家では犬のために鶏肉のゆで汁をこの方法で保存し、毎日のドッグフードに混ぜています。

少量ずつ毎日使いたいものにおすすめ。

まとめ

いかがでしたか?

とっても簡単なので、是非試してみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました