日本は卑弥呼の時代から菜食主義?知られざる肉食禁止の歴史3選!

スポンサーリンク
肉食禁止 歴史菜食

現在の日本料理といえば、牛丼、トンカツ、和牛など、肉料理をイメージする人を多いかもしれません。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by osamu (@osamu24m)

しかし、日本人が本格的に肉食を始めたのは、たったの50年前ほどです。

日本人は大昔から明治維新まで、世界的に見ても非常に高い精神性を持つ民族でした。

そのため日本には独自の宗教観が存在し、はるか大昔から、神に通じるため、神のご加護を受けるためには、肉食をしてはいけないと信じられていました。

その例として、邪馬台国の卑弥呼の時代から、血や屍は「穢れ」という概念を持っていたことが挙げられます。

邪馬台国時代では、人が死ぬと動物性のものを口しなかったり、船旅の無事を祈るシャーマン的な役割の人が菜食を徹底していたことが分かっています。

今回は、あまり知られていない、肉食がタブーだった日本の歴史について、ご紹介します。

肉食 禁止 歴史

日本における肉食禁止の歴史

肉食・殺生禁止令

「肉食禁止令」と聞くと、江戸時代に徳川綱吉が出した「生類憐みの令」を思い浮かべる人も多いと思います。これは動物はもちろん、金魚から虫に至るまでの全ての命を尊重せよ、でなければ重い刑を科す、というものでした。動物の毛皮などももちろんダメです。
徳川綱吉 生類憐みの令
驚くことに、捨て猫や野犬の保護もかなり大規模で行っていたようです。現代風でいえば、超巨大シェルター?
徳川綱吉の頭がおかしかったなどという考え方は、現代人特有の考え方です。
徳川綱吉という人は仏教や儒教などに大変精通しており、決して馬鹿などではありません。
実はのちに、「病人、捨子、捨て老人、病牛馬の遺棄を禁止する令」というものも出しており、僧物に限らず社会的弱者にあたる国民に対しても寛容だったことがうかがえます。
しかし、日本で「肉食禁止令」が出されたのは、それが初めてではありませんでした。
時代は飛鳥時代、仏教が日本に伝わり、蘇我氏が物部氏との戦に勝利してから、仏教が日本の中心となりました。
この時代の「日本書紀」には、天武天皇が肉食を禁じる「肉食禁止令の詔」を出した記録が残されています。
天武天皇 肉食禁止
具体的には、牛・犬・猿・鶏の肉を食べてはいけない、もし犯した場合は処罰がある、というものです。
これは仏教の殺生戒に基づくもので、天武天皇は肉食禁止によって国全体の功徳を積むことで、次の年の豊穣を祈願したと言われています。
また天武天皇は、自身が病にかかったりすると、その回復を願い、漁業まで禁止するようになります。その際漁業従事者に米を配給するなどして、国民が困らないように努めていました。天武天皇の、国全体の平和を願う心優しいお人柄が垣間見える逸話です。
この肉食・殺生禁止令は、天武天皇の後も四代続いて出されたものです。そしてなんと驚くべきことに、明治維新後までこれが解除されることはありませんでした。
欧米化の波には逆らえなかったのだと思いますが、つい最近まで日本での肉食は禁止されていたのですね。
「日本書紀」以外の書物にも、「旧事紀」やオカルトで有名な「古史古伝」などにも、菜食主義のメリットと肉食のデメリットが記されているように、仏教が伝来する以前から、日本人は菜食主義の傾向が強かったことがうかがえます。

豊臣秀吉のキリシタン禁止令

江戸時代に入ってきたキリスト教を豊臣秀吉が徹底的に弾圧したあの事件が、肉食と何の関りがあるの?と思う方もいるでしょう。

1549年、イエズス会士フランシスコ・ザビエルが鹿児島に到来し、日本にカトリック・キリスト教を伝えました。

その際キリスト教を広めると同時に、実は欧米の「肉食文化」も一緒に広めていたのです。

肉食 伝来

「肉食=権力」という構図が出来上がっていた彼らは、大名たちにも当たり前のように肉食を進めます。

日本では「肉食=穢れ」そして、石高制社会では米が最も重要なものであります。

「たかが食べ物、されど食べ物」と、国民性の堕落を敏感に危険を察知した豊臣秀吉は、キリシタン禁止令を出します。

そしてその一つの大きな理由として、「牛肉食の慣行」を挙げました。

肉食のための殺生が日本国民の生鮮性を下げ、不運が巡ってくるのを危惧したのかもしれません。

歴史を別の角度から見てみると、当時の将軍は想像をはるかに超える多くの葛藤を抱えてきたことが分かります。

「魏志倭人伝」に伝わる菜食文化

日本の歴史の最初に出てくる邪馬台国卑弥呼の時代、神と繋がり、そのご加護を受けるためには、肉食を絶たなければいけないと信じられていたことが分かっています。

肉食禁止 歴史

邪馬台国の存在を記した「魏志倭人伝」には、「物忌み」に関する記述がいくつか見られます。
主なものは下記の2点。
  • 誰かが死ぬとすぐには埋葬せず、亡骸をとどめて喪に服し、十余日過ごす。その間は肉を食べない。死体に触れた後は家族全員で水浴をし、汚れを祓う。
  • 倭国の死者が船で中国へ行く際、「持衰」という役目を負う人がいる。渡航期間中、髪をとかさず、シラミも取らず、衣服を洗わず、肉を食べず、女を近づけず、人を葬るときのようにする。

「持衰」とは、神の無事を祈るための仲介者的役割、いわゆるシャーマンです。

以上の理由から、邪馬台国の時代からすでに、「神のご加護を受けるためには肉食をしてはならい」「肉食は霊感を妨げるものである」という考えが、日本には根付いていたと言えます。
※魚介類は食べられていた形跡が見つかっているため、正確には「ペスコベジタリアン」が多かったようです。

宮中の祭事は今でも菜食が徹底されている

現在、皇室の食事は国民と同じく、肉類や乳製品が提供されます。
明治時代に入ってすぐの頃、天皇が日本国内での肉食を正式に解禁されました。
その知らせを見た当時の国民の中には、「西洋人の渡来以後、肉食が盛んになったせいで神の居所が穢れる」と主張した、伝統的な思想を重んじる人たちもいたようです。
しかし、宮中の祭事では現在でも、動物性食品を禁止としており、肉はもちろん、乳製品も徹底的に避けられています。いわゆる「ヴィーガン食」に近いです。
これは、「清浄の氣」を保つためと言われています。
つまり、「肉食」は「穢れ」であるということです。
また、「掌典職」と呼ばれる皇室において宮中祭祀を担当する部門では普段から上記のような菜食メニューで、動物性のものは徹底的に禁じられているとのこと。

まとめ

「ある国の偉大さと道徳的発展は、その国における動物の扱いかたを見ればわかる」
これはマハトマ・ガンジーが残した有名な言葉であり、的を得ている表現だと思います。
弱い立場にあり、声なき者である動物たちの命を尊重し、国全体でそれを傷つけることを禁止することは、徳の高い人のすることです。

肉食文化の中で人間は暴力的になり、戦争や紛争が絶えないのだと言います。逆に肉食のない文化の中では争いが少なく、平和になります。

これは平安時代、江戸時代など、日本の歴史を見ても明らかですね。
肉食が流行したのは、戦争が絶えなかった戦国時代、幕末、明治時代でした。
近年、肉食を日本に広めた張本人である欧米諸国では菜食が大ブームになっており、日本ではどんどん肉食化が進むとは、皮肉な話です。
肉食をやめない限り、世界に平和が訪れることはないと断言している有名な人もいますね。
人の体は食べたものでできており、食べ物は当然精神にも大きな影響を及ぼしますから、当たり前といえば当たり前かもしれないですね。
平和への大きなカギは、「食」にあるのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました