人間は肉食動物?草食動物?歴史的にみると人間はベジタリアン歴が長い?肉食は食物連鎖?

スポンサーリンク
人間 草食動物 肉食動物 ヴィーガン菜食

私は幼いころから肉、乳製品、卵、魚が苦手で、食べると胃もたれを起こしたり、飲み込むときに不快感を感じたり、自分の体に合っていないことに、薄々気づいていました。

大人になって給食がなくなり、自分で自分の食べるものを決められるようになった今、動物性のものは全く口にしなくなりました。

100%プラントベースの食生活に切り替えてから体調が格段に良くなり、幼いころの感覚は間違っていなかったんだと実感しています。

私たち人間は一般的に「雑食」と言われていますが、果たして本当に動物の肉を食べることは必要なのでしょうか?

歴史的にみると人間はベジタリアン歴が長い

コーネル大学の名誉教授で「The China Study」の著者であるT.コリンキャンベル博士は、「歴史的にみると人間(特にアジア人)が肉食を始めたのはつい最近の事だ」とコメントしています。

カリフォルニア大学バークレー校の環境科学・政策・管理学部Katharine Miltonは、次のように述べています。
「霊長類から人間への進化工程で私達の祖先は著しく草食であったということは、一般的に理解されている。」

香港理工大学のIris F.F. Benzieは化石の歯についている歯垢や廃棄物などを調査した結果、「1万年前の人類は、現在の10倍のビタミンCと食物繊維を摂取していたため、代謝的にコストのかかるビタミンC合成能力を失った。」と主張しています。
肉食動物は、体内でビタミンCを生成することができますが、日常的に大量のビタミンCを摂取していた私たちの先祖は、体内でビタミンCを生成する必要がなかったということ。

Physicians Committee for Responsible Medicine会長のニール・バーナード博士は自身の著書の中で、「初期の人類は他の霊長類と非常によく似た食事(プラントベース)をしていました。 研究によると人間の肉食の歴史は、肉食動物が残した残り物を食べることから始まったもの。しかし、私たちの体は未だに肉食に適応しておらず、肉食が心臓病、癌、糖尿病、およびその他の病気を引き起こすことが分かっている」と書いています。

類人猿の約2000万年の進化系統は著しく草食性です。
人間の消化器官、栄養素の必要量、代謝などの生理機能は、他の類人猿や草食動物とほとんど変わりません。人類は約15万年の歴史の大部分を、ベジタリアンとして過ごしてきたからです。

肉を食べることは自然?食物連鎖?

「肉を食べることは自然の摂理、食物連鎖」などという人がいますが、工場型畜産のどこが自然だというのでしょうか?どの辺が連鎖していますでしょうか?

人工授精や遺伝子組み換えによって必要以上に数を増やし、現在地球上に住む哺乳類のうち人間は36%なのに対し、家畜動物は60%まで増えました。家畜を育てるために貧困層の食糧を賄うことすらできていない。

人間が食べないとどんどん動物の数が増えてしまう?
現在地球上に残された野生動物の割合はたったの4%。大部分は人間が人工的に増やしている家畜動物。
さらに、家畜を育てるための餌の栽培などのために、森林を燃やして野生動物の住処を奪うことまでしています。

需要があるから供給も上がります。つまり、食べれば食べるほど家畜動物の数も増えるというわけ。

これのどこか「食物連鎖」というのでしょうか?ただの「破壊」や「搾取」にしか見えませんが…。

人間 草食動物 肉食動物 ヴィーガン

肉食動物には鋭い牙や爪がありますが、人間はナイフや銃を使わなければ殺すことができません。

血を見ると「おいしそう」ではなく「気持ち悪い」と感じる人が大半ではないでしょうか?

もしかすると、人間の体は動物を殺して食べるためにできていないのでは?

人間にも犬歯がある?

動物愛護反対の人がよく、「人間には犬歯があるから肉食だ」と言っているのを耳にします。

しかし、人間の犬歯と肉食動物の犬歯を比べたって、似ても似つかない。

歯の形から見ても、人間は草食動物に近い雑食動物と言われています。
人間の犬歯は犬やライオンのように、鋭くとがっていません。

人間には鋭い爪がない

肉食動物は鋭い爪を使って動物の皮や肉を引き裂きます。

しかし私達人間は、平らで柔らかい爪を持っているため、鋭利な道具を使わなければ、肉や皮を引き裂くことはできません。

肉食動物の顎は上下にしか動かない

顎の形はどうでしょうか?

肉食動物の顎は縦にしか動かせません。獲物の肉を一瞬で切り裂き、肉の塊を丸飲みできるようにできています。大臼歯はハサミのように上下重なるようになっており、肉や皮をを引き裂くためもの。

一方草食動物の顎は上下左右に動きます。奥歯で野菜や果物を咀嚼するための構造になっており、人間はこれに当てはまります。人間の大臼歯は平らにできており、繊維状の植物性食品(特に種子など)をかみ砕くのに向いています。

人類学者のリチャード・リーキー博士は、次のように話しています。
人の手で肉を引き裂くことはできません。人の手で皮を引き裂くことはできません。 私たちの前歯は、肉を引き裂くのに適していません。 私たちには大きな犬歯がなく、それらの大きな犬歯を必要とする食料源に対処することはできませんでした。

そもそも肉食動物は強い酸性の消化液を持っているため、よく噛んで食べるなどということは不要。

人間の消化液は肉を消化するのが苦手

肉食動物は他の動物の肉を生のまま丸飲みします。
そのため人間よりはるかに強い酸性の胃液を持っています。
胃液が強い酸性であることにより、生肉に含まれるバクテリアを殺し、病気を防ぐことができるのです。

人間場合、肉食動物とは比べ物にならないほど弱い胃酸を持っており、肉を消化するのに向いていません。
そのため消化するのに長い時間とエネルギーを必要とします。

そもそも生肉を食べて食中毒になるということは、加熱処理をしなければならないということであり、「自然」とは言えないですよね。

スミソニアン国立自然史博物館の古人類学者であるBriana Pobiner氏は次のように付け加えています。
「私たち人間が、祖先から現代まで行ってきた肉食には、必ずなんらかの加工技術を必要とします。そのため、人間の体が肉を食べるためにできているとは考えにくい。」

腸の長さ

肉食動物の方が草食動物よりも長い腸を持っていることはご存じかと思います。

肉食動物の腸が短いのは、肉が体内で腐って有害な物質を出すのを防ぐために、短い時間で体を通過できるようになっているから。

人間の腸は草食動物ほど長くはないものの、同じサイズの肉食動物と比べたらはるかに長い腸を持っています。
腸が長いということは、植物性の繊維を分解し栄養を吸収することができる一方、「肉を入れると危険」とまでいう学者もいます。
なぜなら肉に含まれるバクテリアが長い時間人間の消化器官に留まることで、食中毒や結腸癌を発症するリスクを高めます。
さらに、肉は人間の腸の中で腐敗するため、おならや便が臭くなります。

(参考: Milton Mill医師の「The Comparative Anatomy Of Eating」)

人間の本能

人間 草食動物 肉食動物 ヴィーガン

子豚の赤ちゃんを見て、「おいしそう」と感じますか?

もし感じないのなら、あなたは肉食動物ではない。

もしあなたが肉食動物だとすれば、本能的に「首の骨をかみ砕いて殺して生肉を食べたい」とよだれを垂らすはず。

そうでないなら、あなたの体が動物の肉を必要としていないということを認めてもよいのではないでしょうか?

もしお腹が空いているときに「リンゴ」と「ウサギ」が目の前にあったら、間違いなく「リンゴ」を選びませんか?

私は元野良犬を保護して飼っているのですが、道で鶏やネズミなどを見かけると、反射的に飛びかかろうとします。それは犬が本能的に肉食動物であるから。

現代の皮肉な肉食文化

つい最近までは、裕福な人々だけが肉を食べることができました。
経済的に余裕のない人たちは一般的に植物性が中心だったため、20世紀以前は富裕層ばかりが生活習慣病(心臓病、肥満など)に悩まされていました。

工場型畜産の普及に伴い動物の肉が比較的安価になり、簡単に入手できるようになった現在、心臓病、脳卒中、癌、糖尿病、肥満などの生活習慣病が世間一般で当たり前となりました。

そして、西洋のライフスタイルがアジアやアフリカの発展途上の地域に波及するにつれて、そこでの人々も肉ベースの食事に関連する病気の発症率が急上昇。

人間が動物性タンパク質を消費する場合、大腸がん、乳がん、前立腺がん、膵臓がんなどとの関連があることを示した研究がいくつもあります。
「Cornell-China-Oxford Project on Nutrition, Health, and the Environment」のディレクターである管理栄養士のT. Colin Campbellが次のように述べています。
「今後10年間で、動物性たんぱく質が人間の体にとって最も有害であるということを耳にする機会が増えることでしょう。」

数々の研究で動物性たんぱく質が危険であることは明らかになっている一方で、まだ真実を公にできていないというような心境が読み取れます。

一方肉食動物が動物性食品を摂りすぎても問題ないと、医学博士で元米国循環器ジャーナル編集長のWilliam Clifford Roberts博士は述べています。
アメリカ人が毎日食べるコレステロールの平均量の約200倍を犬に与えても、動脈硬化を起こすことは不可能なんだとか。一方ウサギなどの草食動物に大量のコレステロールを与えると、すぐにアテローム性動脈硬化症を起こします。

もうお分かりと思いますが、人間はコレステロールを摂りすぎると動脈硬化を引き起こす確率が急上昇するため、草食動物に近いということになります。

雑食<草食寄り

人間は「雑食」だから、動物性と植物性を1:1で摂取しなければいけないという人がいますが、果たしてそうでしょうか?

実は人間は猫のような肉食動物や犬のような雑食動物ではなく、実際には主に草食動物であるという研究結果が数えきれないほど存在します。

飽和脂肪、トランス脂肪、コレステロールを避けるべきと言われるのは、草食動物に多いアテローム性動脈硬化症にかかりやすい体質だから。

そもそも植物性だけのプラントベースの食生活をしていれば、コレステロール値など気にする必要がありません。つまり、人間にはプラントベースの食生活が圧倒的に適しているということ。
そのため、動物性と植物性を1:1ではNGで、食事の大部分を植物性で補うことが理想。植物が人間の食生活のベースです。

まとめ

動物性が人間の体にとって有害であるということは、数々の研究によって明らかになってきています。

私達の先祖がそうしていたように、食事の大部分を植物性で補うべきであるということが、新時代の常識となりつつあります。
そうすることで生活習慣病などのあらゆる病気を予防し、消化器官に負担をかけることまで防ぐことができるのです。

今、動物性が危険と気づきプラントベースに移行する人が、世界中で急増しています。
今までの当たり前はもう、「昔の話」になってきています。

まずはご自分の食生活を見直してみましょう。

404 NOT FOUND | トトポとメキシコ生活
保護犬トトポとサステイナブルなメキシコ生活
404 NOT FOUND | トトポとメキシコ生活
保護犬トトポとサステイナブルなメキシコ生活
404 NOT FOUND | トトポとメキシコ生活
保護犬トトポとサステイナブルなメキシコ生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました