【へちまたわし】肌に優しい自然由来のへちまたわしでプラスチックフリー&ゼロウェイスト

スポンサーリンク
サステイナブル

ヘチマたわしとは

皆さんはヘチマたわし使ったことありますか?

小学生の時に、授業で作ったような気がしますよね。

今では珍しいものとして見られますが、日本では昔から使われていた、伝統的なたわしですよ!!

ヘチマたわしは、茶色くなったヘチマの皮をむき種を出して、水につけて腐敗させたものを、乾燥させて繊維だけにしたもの。

100%自然素材なヘチマたわしは環境に良いだけでなく、肌にとってもメリットがあるのをご存じでしたか?

今回はそんなへちまたわしのメリットを簡潔に紹介したいと思います。

ちょうどいい硬さ

ヘチマたわしってかたいイメージがありますが、水につけるととっても柔らかくなるタイプのヘチマたわしがあるんです。

昔は、ヘチマたわしなんて痛そう…と思っていたのですが、実際使ってみると想像をこえる使い心地の良さに驚きます。

市販のナイロンタオルに比べて刺激が少なく、力を入れても全く痛くないし、硬さがちょうどいいんです。

ナイロンタオルは硬くて痛いという方には、ヘチマたわしをおすすめします。

環境に優しい

ナイロンタオルは石油由来のプラスチック。一度捨てたら土に戻ることができないプラスチックは、半永久的に地球を汚し続けます。
最近ではそのようなプラスチックが環境に及ぼす影響が知られるようになり、「プラスチックフリー」という考え方が世界中で支持されています。

市販のナイロンタオルを使っていた時は、すぐに糸がほどけたり、においが気になったりして、しょっちゅう買い替えていました。

ほどけた糸は排水口を通り、少なからず海へ流れ出ます。それを魚が食べ、その魚を人間が食べる…。

さらにナイロンタオルはプラスチックなので、
「これを捨てたら、あと何十億年もこの地球にゴミとして残り続ける…」
そんな罪悪感があったんです。

100%自然由来のヘチマたわしなら、買い替えるにも罪悪感はありません。

ヘチマたわしはすぐに土に戻るので、とってもサステイナブル。

しかも、ヘチマは実をつけるまでわずか6か月と成長のスピードが速いため、他の自然素材の中でも「持続可能な植物」と言われます。

さらに、ナイロンタオルは製造過程で石油を使うため、少なからず環境に負担がかかってしまいます。
それに比べ、植物の実でできたへちまたわしは、製造過程で環境に負担がかかりません。

マッサージ効果

適度な刺激で垢を落としてくれるヘチマたわし。

マッサージ効果が高くて、血行が良くなる効果が期待できます。

人工的なナイロン素材でできたナイロンタオルよりも、100%自然素材のへちまたわしの方が、肌にとって負担が軽いです。

私も実際、肌がすべすべになっていくのを実感してます。

一度使ってみると、気持ちよくてはまりますよ!

臭くならない

ナイロンタオルを使っていたころは、時間がたつとにおいが気になってしまって、その度に買い替えていました。

しかし、へちまたわしは通気性が良くて、防カビ効果もあるので臭くなりにくいんです。

これは実際に私も強く実感していて、自然の力ってすごいな~と思います。

仮に臭くなってしまったとしても、100%自然のへちまたわしは環境を汚さないため、頻繁に買い替えても罪悪感ゼロです!

おすすめのヘチマたわし

ヘチマたわしといっても、いろいろな種類があるので、生活スタイルに合うものを選んでみてくださいね。

私が使っているのはこのタイプ。紐がついているものが使いやすいです。↓

こちらのタイプは破れにくく長持ちするのでおすすめ。↓

我が家ではシャワー用のヘチマたわしを買ったら、食器洗い用も一緒に購入していますよ。↓

まとめ

いかがでしたか?

へちまたわしは一度使ってしまうと、ナイロンタオルには戻れなくなります。

環境にも、肌にも優しいヘチマたわし。

是非試してみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました