メキシコの写真屋で、移民局用の写真を撮る

スポンサーリンク
メキシコ 写真屋 移民局 証明写真 顔写真移民局

今回は、メキシコの写真屋さんで、移民局用の写真を取る方法を紹介します。

日本では写真機があるので便利ですよね。

メキシコでは基本的に人が撮りますが、パパっと撮ってその場で印刷してくれるので、すごく簡単です。

VISA手続きに必要な写真は、正面4枚、右側2枚 

サイズ名は「Tamaño infantil」です。

手順

Googleマップで「Fotoestudio」と検索して、近くの写真屋さんを探す。

どの写真屋さんでも大丈夫です。どんな田舎の小さな町でもあります。

メキシコシティなら、移民局周辺のポランコ地区にたくさん写真屋さんがあります。

そこの写真屋さんは少し相場は上がりますが、外国人に慣れているのでおすすめです。

移動手段はUberがおすすめ。

写真屋さんに要件を伝える。

「fotos para FM3」と言えばわかってくれます。

サイズを聞かれたら、「Tamaño infantil」です。

順番が来たら、写真を撮ってもらう。

正面と、右側の二枚を撮ってくれます。

日本だと何枚も撮って選ばせてくれますが、メキシコでは一枚撮って終わりです。

印刷してくれるのを待つ。

通常、15分くらいで印刷して受け取りができます。

お金を払って写真を受け取ります。

値段は場所に寄りますが、メキシコシティで100ペソ前後

地方だともっと安いです。

外観、店内は怪しい雰囲気のところが多い

数々の写真屋に行きましたが、店内は暗くて怪しいところが多いです。

日本の写真屋さんは、明るくてきれいにしているところが多いですが…

着いてから、あれ?ここ?と思うかもしれません。

でも心配する必要はありません。

彼らはその道のプロなので、任せてしまえばOKです。

耳をしっかり出す

稀にVISA手続きで写真が却下されてしまうことがありますが、

その場合は前髪がおでこや耳にかかっていたか可能性がありますので、

もう一度髪型を整えてから撮りに行ってください。

まとめ

メキシコの写真屋さんは適当ではありますが、手軽で対応も速いです。

移民局用の写真対応にも慣れている場合がほとんどなので、緊張する必要はありません。

審査が一発で通るよう、がんばってくださいね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました