メキシコの薬草エパソテ(epazote)とは?栄養価・効能や食べ方!

スポンサーリンク
エパソテ メキシコ ハーブ 薬草 栄養 効能食べ物

エパソテという薬草をご存じですか?

火を通して料理に忍ばせることが多いので、あまり存在を知らない人も多いと思います。

今回はそんなエパソテ(epazote)についてご紹介します。

エパソテ(epazote)とは?

エパソテ メキシコ ハーブ 薬草 栄養 効能

エパソテとは、メキシコでは大昔から使われていた薬草。メキシコ料理には欠かせないハーブです。

少し強めのツーンとしたにおいで、すっきりとした味。

特に、マヤ人、アステカ人、サポテカ人が日常的に使っていたと言われています。

料理の香り付けはもちろん、薬として主にお腹の調子を整える目的で使われていました。

日本では、「アリタソウ」と呼ばれます。

エパソテ(epazote)の栄養と効能

エパソテには、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

特にビタミンA、ビタミンC、ビタミンB群、ミネラルではカルシウム、鉄分、カリウム、リン、亜鉛など。

腸の調子を整える

お腹の腫れ、嘔吐、下痢、便秘などの症状を緩和するのに使われます。

お腹の寄生虫にとって有害な成分(アスカリドール)が含まれており、腹痛に効果があると言われています。

さらに食物繊維が豊富で、腸内環境を整えてくれます。

生理不順に効果的

昔からメキシコでは、エパソテが生理痛の緩和や、生理周期を整えるのに効果があると言われており、ハーブティーにして飲まれています。

先住民たちの中では、母乳の量を増やしたり、不妊治療などにも使われていました。

免疫力アップ

抗酸化作用が高いことで知られるビタミンAやビタミンCが、免疫力をアップし様々な病気を予防してくれます。

骨を強くする

カルシウムが豊富なエパソテは、骨を丈夫にしたり、骨粗鬆症の予防にも効果的です。

虫刺されに効果的

実際にやる人は少ないと思いますが、虫刺されに効果があると言われています。

昔のメキシコ人は、タバコと一緒にエパソテをすりつぶして、虫刺されに塗っていたのだとか。

エパソテの食べ方

メキシコでは様々な料理に使われますが、主によく知られているのはこの3つ。

・ケサディーヤに入れる
・豆と一緒に煮る(特に黒豆)
・煮込み料理やスープに加える

私が好きなのは、マッシュルームのケサディーヤ。エパソテを入れてマッシュルームを炒めるだけで、すっきりとした味になります。

ケサディーヤケサディージャ メキシコ ヴィーガン タコス

かぼちゃの花(flor de calabaza)のケサディーヤにも、エパソテを入れます。これもメキシコではポピュラーなケサディーヤ。

レシピはこちらの記事で書いています。

【ケサディーヤ】メキシコのヴィーガン・ベジタリアン対応料理、ケサディーヤとは?
ケサディーヤはメキシコで大人気のストリートフード。一言でいえば大きいサイズのタコス。その場で作ってもらって食べるので、好きなようにカスタマイズしてもらえるんです。

 

一度ピザに乗せて焼いてみたら、全然合いませんでした。イタリアンとはあまり合わないかも。

まとめ

メキシコではスーパーのハーブのコーナーに必ず置いてあります。

メルカドなどでも買えるので、是非一度試してみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました