乾燥大豆ミート(ソイミート)でハンバーグを作ってみた!

スポンサーリンク
乾燥ソイミート ソイミート ハンバーグ ヴィーガン ベジタリアン菜食

乾燥大豆ミートでも、ハンバーグを作ることは可能です。

つなぎを上手く使えばちゃんとまとまりますし、ヘルシーでとっても美味しいです!

味は普通のハンバーグとほぼ同じですが、個人的にはこっちのほうが味もさっぱりしていて好きです。

和風ハンバーグなど、あっさり系が好きな人はハマるはず。

乾燥大豆ミートを戻す

今回使ったのは、血の赤色を再現したタイプのもの。

普段肉を食べないので、リアルでちょっとこわいです。

乾燥ソイミート ソイミート ハンバーグ ヴィーガン ベジタリアン

常温の水に5分間つけておきます。

乾燥ソイミート ソイミート ハンバーグ ヴィーガン ベジタリアン

水を吸って肉っぽくなりました。

材料を混ぜる

今回入れたのは、

・玉ねぎ
・人参
・パン粉 ※通常より多めに
・サラダ油
・生姜
・にんにく
・ターメリック
・ニュートリショナルイースト

乾燥ソイミート ソイミート ハンバーグ ヴィーガン ベジタリアン

ポイントはパン粉を多めに入れること。そうすることで、まとまりやすくなります。

パン粉は小麦粉でも代用できます。

卵がなくても、オイルだけで十分まとまりますよ。

形を作って焼く

ハンバーグの形にして、フライパンで焼いていきます。

乾燥ソイミート ソイミート ハンバーグ ヴィーガン ベジタリアン

焼くときに油を多めにするとおいしくできますが、形が崩れがち。

材料に油を入れているので、たくさん入れなくても大丈夫です。

しっかりと焦げ目がつくまで焼きます。

味付けはお好みでケチャップやおろしポン酢で。

我が家ではハンバーガーにして、BBQソースをつけて食べることが多いです。

まとめ

乾燥大豆ミートでハンバーグを作るとまとまらないイメージがありますが、パン粉(小麦粉)を多めに入れることでしっかりとした形を作ることができます。

卵など動物性のものは一切必要ありません。

環境や動物に優しいだけでなく、肉に比べてカロリーが低く、完全にギルティーフリー。

ダイエット中の人はもちろん、すべての人におすすめです。

日本でおすすめの大豆ミートはこの二つ。是非試してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました